豊田市上渡合町「リノベうらく」リノベーションの内容は?

三河建設さんが、愛知県豊田市上渡合町乳母ケ所で「リノベうらく」を施工中です。

前回に続き、今回はリノベーションの詳しい内容について
書かせていただきます。

上渡合町・築50年の木の家 リノベーションの内容

三河建設さんが約50年前に建てた木の家を、一部を減築しリビングを
広くとった今風のLDKに大改造。南側の
広縁の半分は土間にしました。
広々とした土間は「雨楽な家」の特徴でもあります。
床はすべてスギ材を使用し、壁は漆喰が中心の自然素材に囲まれる
気持ちの良い空間に変わります。

藤岡町のリノベうらく 間取りのビフォーアフター

この建物は元来、和室の和室の続き間の多い田の字型の間取りで、壁が
少ない家です。よって、リノベーションには地震対策が必要ですので、
梁補強をし、筋交いも加えて耐震補強を施しています。合わせて、
断熱性能を高める施工をし、水廻りは最新の設備に入れ替えました。

外観は屋根の痛んだ箇所と棟瓦を積み直し、外壁はガルバリウム鋼板に
したので、施工前とは印象がガラリと変わりました。

豊田市藤岡町 リノベうらく 施工前外観

外観 Before

豊田市藤岡町 リノベうらく 外観

外観 After

新しくするだけでなく、元の家を活かす部分もたくさんあります。
クリ材の土台や桧の柱、日本栂の梁はもちろん、1階の和室は木を見せた形で残し
丁寧な仕事をしている長押(なげし)を活かします。他の建具も磨いて再利用
するので、家全体のいい「味」になると思います。完成が楽しみです!

「木の家」「木が見える家」が好きな三河建設さんが、約45年前に建てた
家をリノベーションした「リノベうらく」は1月末に完成予定です。

完成した際には、こちらのブログや「施工実例・ギャラリー」でご紹介します。
建物見学会も開催予定ですので、ぜひご参加ください。