雨楽な家
雨楽な家 facebook雨楽な家 instagram    
HOME プライバシーポリシー リックのご案内
 株式会社リック

雨楽な家BLOG

2017 年 12 月 のアーカイブ

『なにがでるかな』

2017 12,29

広島県世羅郡の「せら夢公園自然観察園」で行われた
「池干し観察会」に家族で参加しました。
公園内のため池の水を抜いて、そこに棲んでいる
生き物観察と外来種の駆除が目的の会でした。

初雪が舞う中、池の表面を覆っている
準絶滅危惧種のあさざを掻き分け泥をすくいあげると
在来種のやご、おたまじゃくし、まつもむし、げんごろうや
いもり等、たくさん捕えて観察することができました。

駆除対象の外来種はウシガエルとそのオタマジャクシが
1匹ずつとごくわずか。それでも気持ちは複雑です。
娘はオタマジャクシの頭をずっとなでていました。

この日、山で保護された「あなぐま」も間近で
観察でき、自然を満喫した一日でした。

向井

『リノベーション』

2017 12,26

自宅の最寄り駅である道後温泉駅に
「Starbucks.Coffee」がオープンしました。

以前からの駅舎の姿はそのままに
レトロな雰囲気を壊さない内装に
リノベーションされていました。
さっそくオープン初日に足を運びましたが
終日行列のようで入店できず・・
年末年始は観光客でごったがえすので
ゆっくりお茶を飲むのはまだ先になりそうです。

坂本

『ものづくりの歴史』

2017 12,18

愛知県常滑市は、「常滑焼」の産地で、
住宅設備の企業「INAX」創業の地でもあります。
今でも昔の建造物が残された地域があり
レンガ造りの煙突や窯、黒壁の工場、陶器の廃材利用の坂道など
独特の雰囲気と歴史を伝える空間が広がっています。

中でも、常滑焼の歴史を一番感じとることができる
「やきもの散歩道」を歩いてきましたが
新しくは表現できない風景に重みを感じ
次世代にも残すべき大切な日本の財産だと感じました。

現在は、「中部国際空港セントレア」があったり
映画「21世紀少年」などのロケ地に利用されたりと
過去・現在・未来が融合した魅力的な町となっています。

酒匂

『F.B.I DAISEN』

2017 12,12

少し前にお休みを利用して
鳥取県の大山にあるF.B.I DAISENと
いうキャンプ場に行ってきました。

場内にはキャンプ場利用者以外でも使える
カフェバーがあり、カフェ目当てで来る
お客さんも多いようです。

場内は基本全面フリーサイトになっており、
カフェ店内でなくてもランチ可能ということで
せっかくなので芝生の上でいただきました。

ツリーハウス風のウッドテラスなどもあり
場内全てがおしゃれな空間。
若い女性に人気の理由が分かります。

桝田

『自然を生かした建築展』

2017 12,05

タンポポハウスでお馴染み藤森照信先生の建築展が
広島市現代美術館で開催されました。
木、土、炭、銅板など自然をそのまま使った建物は
どれも温かく、愉快な造形ばかりです。
写真や図面だけでなく、おびただしい数の手描きスケッチ
丸太から彫り出した手作り模型、屋根や壁の施工法を示す
素材見本など、どれもが面白く長居をしてしまいました。
「雨楽な家」でお馴染みの漆喰は「手塗り」「ほうき」「ワラ」
「縄」「アコヤ貝」の5つの仕上げで展示されていました。
コテを使わない手塗りは凹凸ができるので素人が塗る時
の一番オススメは失敗の少ないホウキ仕上げのようです。
藤森先生の建物には毎回、縄文建築団と呼ばれる素人の
友人達が作業を楽しむ部分を作ってあるそうです。
私も漆喰塗りに挑戦してみたくなりました。

坂井

このブログに掲載している写真は著作権及び肖像権などの許可を得ていない場合があります。
不都合がございましたら削除・変更いたしますのでご連絡お願い致します。
 
「雨楽な家」は(株)リックが推進するブランド住宅です。 制作・著作:(株)リック一級建築士事務所 〒733-0863 広島市西区草津南3-7-21 RICビル
掲載中の文章・写真・図表の無断転載を一切禁じます。 リンクを貼る場合は事前にご一報ください。 Copyright@2008 ric Inc.All rights reserved.


under_ber