雨楽な家
雨楽な家 facebook雨楽な家 instagram    
HOME プライバシーポリシー リックのご案内
 株式会社リック
specer

雨楽な家BLOG

2017 年 5 月 のアーカイブ

『食育・木育』

2017 05,24

新学年の季節がきて、子どもにお弁当をつくるのも
残すところ2年ということに気付きました。
卒業後は、ひとり暮らしになることが予想される息子に
てづくりの記憶が残るようにと
私の夏のブラウスを我慢して
秋田杉の曲げわっぱ弁当箱を購入しました。
高校生に1万円を超える弁当箱を持たせることに
少し悩みましたが・・・
でも、やっぱりごはんがふっくら美味しい、軽い
さらに良かったことは、朝のお弁当づくりが楽しくなったこと
木のぬくもりやごはんの食感を肌で感じることは
言葉で伝えるよりも心に残るのでは・・と期待です。

坂本

『岡山県和気町の藤公園』

2017 05,18

私は花がとても好きで育てたり、見にいったりするのですが
岡山県和気町にある藤公園へ藤棚を見に行ってきました
藤公園は、全国から著名な藤を集めて作られ、
その数約100種類と、種類の多さでは日本一を誇る美しい公園です。
花の房を1メートルも垂らした藤もあれば
葡萄のように小ぶりな房の藤もあり
またその花の色も、紫の濃いもの薄いもの
可憐なピンクや清浄な白もありと様々です。
訪れたときは丁度満開で
その美しさが想像以上で驚きました。
これから薔薇や紫陽花の季節がやってきますので
公園散策がとても楽しみです。

坪井

『DIYを楽しむ』

2017 05,12

自宅の壁面を利用して、
中学に入学した息子と一緒に使える
ワークスペースをDIYで作りました。
カウンター材は別の用途で使っていた材を利用したので
材料費は、3千円程度で作ることができました。
家族がこのワークスペースを使わなくなった頃には
元どおりの壁面に戻せるように簡単な造りにしています。

最近、家族のカタチで住まい方を進化させて行く
暮らし方が注目されています。
「雨楽な家」は無垢材をそのまま内装にしていますので
木材の塗装工程が必要ないため
DIYもラクに楽しむことができます。

内藤

『マリーゴールドで草木染め』

2017 05,09

マリーゴールドの花を使った草木染めを
体験する機会があり、綿のお弁当包みと
ウールの毛糸を染めました。お弁当包みには
子ども部屋にあったBB弾と輪ゴムを使って
小さな絞り模様を入れました。
染め上がりの色は優しいレモンイエロー。今回は
料理に使う「みょうばん」を使った媒染でしたが
釘を使った鉄媒染や、銅媒染などにすると
違う色に変化するそうです。楽しい実験です。

昔ながらの草木染めは、抗菌作用や血行を良くするなど
草木の持つ薬効が期待できるそうです。
着物を保管するときに使うウコン染めの黄色い布は
防虫効果があるとか。手間のかかる作業で、染色後
退色するのも早いのですが、自然の素材を余すことなく
活用できることが嬉しい草木染め体験でした。

向井

『美濃焼』

2017 05,02

「美濃焼」の産地、岐阜県多治見市へ出かけました。
この一帯は古くから瀬戸と共に陶器に適した土が出土された関係で
陶器産業が発達した地域。現在でも陶器関連の工場が非常に多く
多治見では年に一度4月に「たじみ陶器まつり」が開催されています。
様々な陶器がお値打ち価格で販売されることから
毎年15万人の陶器ファンが集う大イベントとなっています。

たくさんの素敵な器達が出迎えてくれて
どれにしようかと迷いに迷った末の我が家の戦利品。

家に帰って並べてみると、青一色。ですがどれも可愛く
和食にも洋食にも合いそうなデザインです。
伝統工芸の魅力は奥深く、刺激を受けた時間となりました。

酒匂

このブログに掲載している写真は著作権及び肖像権などの許可を得ていない場合があります。
不都合がございましたら削除・変更いたしますのでご連絡お願い致します。
 
「雨楽な家」は(株)リックが推進するブランド住宅です。 制作・著作:(株)リック一級建築士事務所 〒733-0863 広島市西区草津南3-7-21 RICビル
掲載中の文章・写真・図表の無断転載を一切禁じます。 リンクを貼る場合は事前にご一報ください。 Copyright@2008 ric Inc.All rights reserved.


under_ber

| 「雨楽な家」コンセプト | 「雨楽な家」に住んでみて | もっと知りたい雨楽 | 建築事例 | 自然素材 | 「雨楽な家」ブログ |
| 会員工務店一覧 | 書籍・ビデオ・DVD | 資料請求・お問い合せ | 会員工務店募集 | モデルハウスのご案内 | 丸山景右のブログ |