雨楽な家
雨楽な家 facebook雨楽な家 instagram    
HOME プライバシーポリシー リックのご案内
 株式会社リック
specer

雨楽な家BLOG

2010 年 10 月 のアーカイブ

『KITOKURAS』

2010 10,29

9/25(土)26(日)の2日間、丸亀市綾歌町にて
「木の家博覧会」が開催されました。
会場は地元でも有名な木材会社の施設「KITOKURAS」。
普段は自然木で造られたテーブルが
整然と展示された通称ギャラリーを借用。
芳醇な香りに包まれた癒しの空間に
ついつい仕事を忘れ浸ってしまいました。
 
2日間好天に恵まれたこともあり
沢山の来場者で大賑わい。
展示会場以外にも木に関することが
何でも揃っているこだわりの施設が
他にもあり、一日中満喫できます。
 
「雨楽な家」のイメージを伝えるのに
ピッタリの会場に感謝、感謝の2日間でした。

高橋 真

 

『伝統の舞・神楽』

2010 10,26

神楽とは神に奉納するために奏される歌舞であり、
私の楽しみの一つです。

神楽と言っても地方により流派は細かく分かれており
私の地域では出雲流神楽の
石見神楽(イワミカグラ)という系流が主流のようです。

今では幼い子でも神楽が楽しめるようにユニークな
創意工夫がなされており、それでいて物語の筋を崩す事無く
アレンジされております。

最近では舞を観るという機会は少なくなりましたが、
それでも年に数回は伝統の舞に酔いしれるのも悪くないものです。

近藤

『森の中の「雨楽な家」』

2010 10,22

愛知県豊田市の山間部に「雨楽な家」が建ちました。
町の中に住んでいたご家族が
緑豊かな森の中で「雨楽な家」に住みたいと
この土地を購入されました。
ご主人は片道20キロの自転車通勤をするそうです。
土間には自転車の整備できる場所が確保されています。
深い森と大きな岩のあるこの場所を
ご家族全員がとても気に入っているそうです。

鈴木

『歌うイクメン』

2010 10,21

リックへの通勤途中に
10年前、息子を通わせていた保育園があります。
以前とくらべて最近、子どもの送迎をする
若いお父さんが、驚くほど増えました。
10年前は、送迎のほとんどが
お母さんかおばあちゃんでした。

先日、その保育園前で、イマドキのお父さんが
小さなお子さんと手をつなぎ、大きな声で
「か~ら~す~とい~っしょにかえりましょ~♪」
と歌いながら、仲良く帰っていくのを見かけました。
ほほえましくて、なぜか嬉しくて。
道行く人たちも仲良し父子を見てにっこり。
彼らのおかげで、幸せな気分になれました。

イクメン:育児をする、育児を楽しむ男性

向井

『台所の使い方』

2010 10,19

台所の考え方は千差万別です。対面キッチンや
アイランドキッチン、独立キッチンなど
お客様がどのように使いたいかを十分把握した上で
提案するようにしています。
 
最近のシステムキッチンはシンク下の収納が引出しタイプで
奥のものが取り易く使い勝手のよいものが増えています。
そのため既製の吊り戸棚を外して提案するケースもあります。
 
9月11日にオープンした「雨楽な家」新名古屋モデルハウスでは、
システムキッチンと好みの吊り戸棚を組み合わせてみました。
必要な分量のサイズをつけることで余った空間に棚などをつける
自分スタイルの台所を作ることができます。
モデルハウスに是非一度お越しください。

村上

『くらしの知恵』

2010 10,15

最近、気づくと自宅の観葉植物の葉に
ホコリが溜まっています。
くっきりとした緑の艶もなくなってしまい、
どうにかならないものかと悩んでいました。
 
そんなときふと、あの万能な「重曹」で
何かいい方法はないかと、
早速調べてみると、やはりいくつか方法が
見つかりました。艶のなくなった
観葉植物の葉に重曹を混ぜた水を吹きかけて、
重曹水を拭き取ってあげると
もとの艶を取り戻すそうです。
 
元気のなかった観葉植物も、
重曹の力ですっかり復活しました。

日野

『ホームシアター』

2010 10,12

お客様から時々、プロジェクターをつけて
シアターのような雰囲気を出したいというご要望があります。
 
プロジェクターも近年いろいろとお値打ちな製品も揃い、
普及率も上がってきたみたいです。
それは外出の機会が減り、家の中で過ごす時間が
増えてきたということでしょうか。
 
「雨楽な家」では内壁に白の漆喰を塗ることが多く、
プロジェクターを動かせば家中どこでもシアターになります。
 
日暮れが早くなったこの頃、家の照明を消してホームシアターと
洒落込むのも一興ではないでしょうか。

近藤


画像はウィキペディアより引用

『自然素材のすべり台』

2010 10,08

カラフルな遊具で子供たちが遊ぶ児童公園。
最近では木製のアスレチック風遊具を良く見かけます。
木やロープを組み合わせて作った遊具は、子供たちの
冒険心を目覚めさせ、時間を忘れて夢中にさせます。
自然素材の持つ温かさのためか、大人にとっても
ホッと心の和む憩いの空間となります。
 
写真は札幌大通り公園のブラック・スライド・マントラ。
作者のイサムノグチは「ここを子供らの遊び場に」
と、空間全体のバランスを考えた上で設置場所を
ここに決めたそうです。 
なんとも贅沢な究極の自然素材、つやつやの黒御影。
あいにくの雨で子供たちの遊ぶ姿を
見ることはできませんでした。

坂井

『インテリアの楽しみ』

2010 10,06

自室用にファブリックボードを
つくろうと計画中です。
ワンルームで窓のない壁が真っ白で
少し寂しく、何かないかと探して
いたところ、断熱材を軸にした
ファブリックボードの作り方を
公開しているサイトを見つけました。
壁に立てかけて置くだけでも絵になり
断熱材が軸で軽いため壁に飾る際も
最小限の穴で済みそうです。
 
今は良い生地を探しているところで
シンプルなカラーの布に絵を描いたり
写真をプリントしても良いですね。
ささやかですがインテリアを考えたり
計画するのはやはり楽しいです。

中村

『米ぬか塗料で床を磨いてみて』

2010 10,01

「雨楽な家」名古屋モデルハウスのヒノキの床を
米ぬか塗料で磨いてみました。
延床面積38坪の2階建ての建物ですが
2人で約2時間かけて磨き終えました。
汚れ防止と床のツヤの効果があります。
臭いもなく3時間ぐらいで乾燥しましたので
手軽に床のお手入れが出来ると思います。
昔は米ぬかを布袋に入れ
床や柱を磨いたそうですが
今はとても簡単に出来るようになりました。

鈴木

このブログに掲載している写真は著作権及び肖像権などの許可を得ていない場合があります。
不都合がございましたら削除・変更いたしますのでご連絡お願い致します。
 
「雨楽な家」は(株)リックが推進するブランド住宅です。 制作・著作:(株)リック一級建築士事務所 〒733-0863 広島市西区草津南3-7-21 RICビル
掲載中の文章・写真・図表の無断転載を一切禁じます。 リンクを貼る場合は事前にご一報ください。 Copyright@2008 ric Inc.All rights reserved.


under_ber

| 「雨楽な家」コンセプト | 「雨楽な家」に住んでみて | もっと知りたい雨楽 | 建築事例 | 自然素材 | 「雨楽な家」ブログ |
| 会員工務店一覧 | 書籍・ビデオ・DVD | 資料請求・お問い合せ | 会員工務店募集 | モデルハウスのご案内 | 丸山景右のブログ |