雨楽な家
雨楽な家 facebook雨楽な家 instagram    
HOME プライバシーポリシー リックのご案内
 株式会社リック
specer

雨楽な家BLOG

2009 年 11 月 のアーカイブ

『桧の力と使い方』

2009 11,28

桧にはいろいろな使い道があります。

私はお風呂に、桧の細切れを袋に詰めたものを入れて
桧の香りのする湯船に浸かります。
桧の香りはリラックス効果があるとされ喘息やかぶれ等の
アレルギー症状にもよいとされています。

またカーペットに掃除機をかける前に桧のクズを振りまき
このあと掃除機をかけると、桧の香りが残っている限り
ダニの発生を抑えられるなど、桧の力は私達の生活に
とてもよい効果をもたらしてくれます。

「雨楽な家」でも桧をたくさん使っていますので
健康・快適な生活が送れることと思います。

近藤

『野ぶどう』

2009 11,27

白緑、浅葱色、柳葉色。
瑠璃色、桔梗色に牡丹色。
この季節、様々な色に変化していく
小さな野ぶどうの実。

娘が「食べていい?」と聞くので
あわててとめました。
「山ぶどう」は食べられるけど
「野ぶどう」は食べられないそうです。
美しい実の中に、蜂などの幼虫が
寄生するのだとか。

「色を楽しむ。」
野ぶどうです。

向井

『冬の窓』

2009 11,24

ドンドン寒くなって暖房を使い始めると
窓から入ってくる冷気が気になりますね。
窓からの冷気にはカーテンを厚い生地にしたり
ホットカーペットを置くことでも解消できるそうですが

私のおすすめはホームセンターなどで
販売しているお手軽な断熱ボードです。

母親からすすめられて、そんなに違うものかと
半信半疑でやってみましたが、効果てきめんで
夜に入ってくる冷気がずいぶん感じられなくなりました。
流れ落ちる結露の吸水もする為カビの予防にもいい様です。

去年使って今は外していましたが、朝晩が
冷え込んで、起きるのがつらくなって来ましたので
今年もそろそろ取り付けようと思います。
ちなみにわが家は築後50年でも快適です。

中村


『いい顔』

2009 11,16

最近、石川遼君が気になります。
ゴルフのことは全くわかりませんが、
とても娘達と同年代の青年とは思えないほどの
堂々とコースを回る姿と、真剣な表情がいいと思います。

先日は娘の学校の合唱祭を見に行きましたが、
ここにも普段は見ることのできない
いい顔で歌う子供達がいました。

「雨楽な家に住んでみて」のコーナーの施主様達のお顔も、
楽しそうで、うれしそうで、とてもいい顔で写っていらっしゃいます。

何かに懸命に取り組んでいる顔、何かをやり遂げ充実した顔・・・
多少、パーツや配置に不満はありますが、
私も、いつも「いい顔」でいたいと思います。

入江

『真のプロ』

2009 11,09

先日某テレビ番組で、様々な業種の
同業者から選ばれた「真のプロ」の
職人の方々が取り上げられていました。
パティシエ、宮大工、蕎麦職人など、様々。

中でも印象深かった職人さんは、
大分県で造園士をされている70歳で未だ
現役の御手洗達雄氏。
自然の風景を凝縮した庭造りで知られる、
造園界の匠だそうです。
御手洗氏は幼少期、近所の川や森でよく
遊んでいたそうです。
その時見ていた「自然」をテーマに現在も
庭造りに励んでいるとのこと。
水の流れひとつにしても、石組みに関しても、
大変こだわりのある職人さんの様です。

幼少期に焼き付いた、目に見える美しい自然を
庭という限られた空間で表現し
人々を感動させ、笑顔にさせることのできる職人。

幼少期に大自然の中で育った私にも
何か学べることがある様な気がします。

日野


「庭」176号 御手洗達雄氏が創る
『水の庭の世界」より

『これからの季節に』

2009 11,07

そろそろ家にも暖房が必要になってきましたね。

これは『サーキュレーター』という空気循環器です。
写真のものはボルネード社で60年前の
製品のレプリカモデルなのだそうです。

このサーキュレーターを天井に向けて回すことで
上に溜まった暖かい空気を循環させて
暖房の効率をあげることができます。
夏場ならムダな冷やしすぎを防ぐ優れものです。

エネルギーを効率良く使うことで、節約にもなり
デザインも色々。お宅に合うものを選ぶのも楽しいですね。

中村

『職人技』

2009 11,05

大工さんや建具職人が集まり、技術を披露する
「削ろう会 中国大会」が
広島で行われると聞き、行ってきました。

まず目を引いたのは、まさかりを使って丸太を削る
「はつり」の実演。大きなまさかりを振り子のように
振り下ろし丸太の側面を削り落として梁に仕上げていく作業は、
映画「火天の城」の中でも作業風景が出ていましたが、
直接見るとかなりの迫力です。
素足で丸太の上に乗りすぐそばをまさかりが通過する、
いつも危険と隣あわせの作業には職人の技を感じました。
屋内では、数ミクロンの薄さを競う鉋かけが行われていました。
そこでは幅1尺(約30センチ)の大かんなの実演もあり
始めて見る光景で充実した1日でした。

どちらの会場にも若い職人が多いことに驚きました。
今回のイベントを企画した広島鉋(かんな)会は
毎月「削る会」を開いているようです。
自分たちの腕を披露し競い合うことで職人技が
磨かれていくのだなと実感しました。

村上


『学園祭』

2009 11,04

先日、母校の日本建築専門学校の学園祭に行ってきました。
生徒数が減少したためか、
私がいた頃のような盛り上がりではありませんでしたが、
卒業した友人たちと話ができるいい機会でした。

この不景気の中でも大工や設計士として頑張っている
友人達と話したり、元野球部の皆と一緒に野球したりと、
楽しく一日を過ごしました。

お互いの近況を報告しながら、
自分も仕事を頑張っていかないと、
と実感した一日でした。

小竹

このブログに掲載している写真は著作権及び肖像権などの許可を得ていない場合があります。
不都合がございましたら削除・変更いたしますのでご連絡お願い致します。
 
「雨楽な家」は(株)リックが推進するブランド住宅です。 制作・著作:(株)リック一級建築士事務所 〒733-0863 広島市西区草津南3-7-21 RICビル
掲載中の文章・写真・図表の無断転載を一切禁じます。 リンクを貼る場合は事前にご一報ください。 Copyright@2008 ric Inc.All rights reserved.


under_ber

| 「雨楽な家」コンセプト | 「雨楽な家」に住んでみて | もっと知りたい雨楽 | 建築事例 | 自然素材 | 「雨楽な家」ブログ |
| 会員工務店一覧 | 書籍・ビデオ・DVD | 資料請求・お問い合せ | 会員工務店募集 | モデルハウスのご案内 | 丸山景右のブログ |