雨楽な家
雨楽な家 facebook雨楽な家 instagram    
HOME プライバシーポリシー リックのご案内
 株式会社リック
specer

雨楽な家BLOG

2009 年 2 月 のアーカイブ

『建物の配置計画』

2009 02,18

家づくりを考える時、住環境のチェックと共に
敷地に対する建物の配置計画も重要なポイントです。
 
まずはゾーニング計画を立ててみましょう。
車庫やサービスヤード、それに家庭菜園等の
スペースや利用目的など、スペースをじっくり家族で
打ち合わせると面白い意見が出てきます。
 
そして敷地の境界ラインにこだわらず
少し建物を回転させることで
それぞれ目的を持った空間が現れる場合があります。

村上


   
   
  
 

『木配り』

2009 02,16

「雨楽な家」の工事着手前に構造材の「木配り」をする為に
プレカット工場に行って打合せを実施しました。
「木配り」とは材の適材適所を見極めて構造材を配置していく作業です。
「雨楽な家」は、構造材が剥き出しで仕上がるため
このような作業や加工方法の打合せなどを行なっています。
  

 
家づくりで大切なのは木材の品質ですが、
「含水率」を測定する事で品質を確認する事ができます。
いくら構造計算を行なっていても使用する材に
期待する強度が無ければ意味がありません。
  
現しになった構造体は木の特性を活かして
強度を落とす事なく、長期に渡り住まいを守ります。

内藤  

 

『体感が一番です』

2009 02,13

自宅の建替えを計画されている方が来場されました。
住宅展示場で集成材の住宅をたくさん見学され、
今日は視点を変えて「雨楽な家」を見学。
「無垢材の家を見学し、勉強中」とのことでした。

                                     第一声は「この家の売りはなんですか?」と険しい表情。
                                     私         「何だと思われますか?」
                                     お客様  「いろいろ見すぎて訳がわかりません」
  
                                     私         「どんな家をご希望ですか?」
                                     お客様  「私は、何しろ冬暖かい家がいいんです」
                                     お客様  「この家は暖かいんですか?」
                                     私         「今、暖房つけていませんが、いかがですか?」
                                     お客様  「えっ、暖房ついていないんですか?(驚)」

お客様の表情が緩みました。体感が一番ですね。

国分

 

 

『こんな家に住みたい!』

2009 02,10

静岡県藤枝市で(有)福工房さんのモデルハウスが完成し、
著名な建築写真家の上田明さんに撮影をお願いしました。
最近はカメラの性能が良くなり、自称セミプロが多いのですが、
やはりプロと素人の差は歴然です。

  
上田さんの手にかかると、木の温もりから室内の空気感まで
写真を通じてリアルに伝わってくるから不思議です。
撮影は天候にも恵まれ、朝から辺りが薄暗くなるまで
快調に進みました。生気あふれる「雨楽な家」の仕上がりが楽しみです。

高橋 真


 

『芸術に触れる・・・』

2009 02,05

友人に誘われ、「二紀展」に行ってきました。
友人の会社の人の作品が出展されているとかで、
いいチャンスだと思い、三女も一緒に連れて行きました。
 
大きな作品ばかりで少々圧倒されながら、
ゆっくりと見て廻りました。 
「どの絵が好き?」「あの、男の子の絵」
小さな男の子が木漏れ日の中でぽつんと立っている絵。
きれいな緑と、小さな男の子の表情がとても印象的でした。
色々なテーマをそれぞれの表現で表してある絵画を見ながら、
娘と普段できない会話も楽しめました。

帰り道、「たまには美術館も良いネ。お互いに、
何か趣味を持たなきゃね。お茶でもして帰ろうか・・・」 

我ながら、有意義な休日を過ごしたと満足してましたが、
帰ってからの、お姉ちゃんたちへの報告は
さっき食べた新作ドーナツのことのみ・・・
まだまだ、花よりダンゴの娘です。

入江

 

『構造計算の達人になりたい』

2009 02,02

建物の構造計算とは、荷物や積雪の重さ
地震や台風などの力に対して建物が安全かどうかを
確認するために行ないます。

RCや鉄骨の建物では、当然のように行われていますが
木造の2階建てでは「構造計算」はほとんど行われていません。

壁量計算は壁だけで柱や梁は計算にさえ含まない
簡易的な構造チェックなので、安全性の検討はできません。
許容応力度などをきっちり計算する真の構造計算によって
柱や梁まで構造チェックし、建物の安全が確認できます。
入社2年目、「全棟構造計算を!」をスローガンに
今年も設計技術力を磨きたいと思います。

土居

このブログに掲載している写真は著作権及び肖像権などの許可を得ていない場合があります。
不都合がございましたら削除・変更いたしますのでご連絡お願い致します。
 
「雨楽な家」は(株)リックが推進するブランド住宅です。 制作・著作:(株)リック一級建築士事務所 〒733-0863 広島市西区草津南3-7-21 RICビル
掲載中の文章・写真・図表の無断転載を一切禁じます。 リンクを貼る場合は事前にご一報ください。 Copyright@2008 ric Inc.All rights reserved.


under_ber

| 「雨楽な家」コンセプト | 「雨楽な家」に住んでみて | もっと知りたい雨楽 | 建築事例 | 自然素材 | 「雨楽な家」ブログ |
| 会員工務店一覧 | 書籍・ビデオ・DVD | 資料請求・お問い合せ | 会員工務店募集 | モデルハウスのご案内 | 丸山景右のブログ |