『雨楽な家人気投票』

8月下旬に愛知県高浜市で「雨楽な家」の
会員工務店が夏休みの親子向けのイベントを行いました。
地域の皆様に少しでも「雨楽な家」のことを知ってもらうために
イベント会場に「雨楽な家」の人気投票コーナーを設営しました。
「雨楽な家」の写真パネルと住宅模型を展示しご家族で相談して
5つのタイプの違った「雨楽な家」の中から
一番住んでみたい「雨楽な家」を投票していただきました。
2日間で150組の子供連れのご家族に選んで頂き
一番人気はダントツで「雨楽な家・平家」でした。
小さな子供連れのご家族が多いので2階建ての「雨楽な家」が
人気があると予想していたのですが意外でした。
住宅の敷地が広い地域の特性もありますが
家族で平家建ての木の家に住みたいという
要望が高いことを実感できました。

鈴木

『応援ありがとう』

西日本豪雨から2ヶ月が経ち、今週からJR呉線で
通常通り通勤できるようになりました。
列車運休中は代行バスとして県内外の各地から
応援に来てくれた観光バスのお世話になりました。
派遣直後の運転手さんに乗客が道案内する事もあり
不慣れな道での運行、本当にお疲れ様でした。
車窓から見下ろす被災地は復興が進み、仮設住宅への
入居も進みましたが、まだまだ大変な地区も残ります。
皆様へ応援、支援のお礼を申し上げると共に
その後も相次ぐ台風、北海道地震で被災された
皆様へ改めてお見舞いを申し上げます。
これから家を建てるお客様、土地を求めるお客様が
より慎重に、より安心で安全な選択ができるよう
今後も心を込めてお手伝いしたいと思います。

坂井

阪神、奈良、滋賀、九州など各地からの観光バス

市街地の土砂は沿岸部に集積し船とダンプで処分場へ

『無垢家具の簡単お手入れ』

無垢家具は長年使っていると経年変化でいい色に
変わっていくと言われますが、定期的なお手入れを
しないと汚れが目立ってきます。

今回は15年使った無垢家具が汚くなったので
簡単なお手入れできれいにしてみました。
使う材料は激落ちくん(メラミンスポンジ)です。
作業は単純、まずは水を含ませたメラミンスポンジで
全体の汚れを落していきます。次に米ぬかを主原料と
する自然塗料の「キヌカ」を全体に塗り完了です。
所要時間は約1時間。とっても簡単です。

表面に艶があるような素材や無垢家具でも塗装で
仕上げられているものは全体がくすんだように
なるためお勧めしません。ご注意ください。

村上

作業途中(左側が長年の汚れ)

作業完了

『コインロッカーに感動』

先日、初めて名古屋に行ってきました。
一番楽しみにしていたのは名古屋市科学館。
世界最大のプラネタリウムを見てみたいと
開館時間前から長い列に並び
入場することができました。
入場して早速あったのは
なんと元素記号がデザインされた
コインロッカー。
これを考案した人の
化学を愛する気持ちと遊び心と
白と黒でデザインされた美しさに感動しました。
その他の館内の施設も興味深いものがたくさんあり
素晴らしい施設でした。
是非また行こうと思いました。

坪井

『舞い降りた天女』

東京日本橋の三越百貨店に行ってきました。目的は
本館中央ホールにそびえたつ「天女(まごころ)像」。
瑞雲に包まれた美しい天女が花芯に降り立とうとしています。
昭和35年、三越創立50周年を記念して
巨匠 佐藤玄々が10年をかけて制作した木彫作品です。
高さ11メートル、総重量は6.8トン。素材は
京都貴船神社山中から切り出された樹齢500年の檜。
彩色は岩絵の具などで、ダイヤや瑪瑙がちりばめられ
豪華絢爛、その迫力に圧倒されます。

制作に携わった職人の方々の名が台座に刻まれていました。
58年前の作業に思いをはせ、しばしタイムスリップ。
高さ6mの予定が11mになったのは、どこを創りたかったのかな
いくつのパーツに分かれていて、どういう工程で制作・設置したのかな
パイプオルガンの演奏もあり、天女の神々しさが増すようです。
ぐるぐる周って思いをめぐらすのはワクワク楽しい時間でした。

向井

『お神酒』

これから新築をする施主様の地鎮祭に参列しました。
地鎮祭などの神事では必ず、儀式が終わった後に参加者が集まって
「お神酒」で乾杯を行います。
神様への捧げものを一緒に飲食する事(「なおらい」と呼ばれる儀式)によって
神様の霊力が宿ったと考えられる食べ物や酒を体の中に取り込み
工事の安全や健康を祈願する意味を持つそうです。

お神酒を頂く際には作法があります。
『盃は親指を上から、他の四指をそろえて下から両手で持ち、
三口に分けていただき、盃の口を付けた場所を指で拭く』

お正月や結婚式、お宮参りや七五三などのお祝いなどで
お神酒を頂くケースは少なからずあると思います。
ご利益がしっかりと得られるように正しい作法を心得ておきたいものです。

内藤

『洗面所スッキリ計画』

我が家では泡タイプのハンドソープを使っています。
でも…ちょっと…ボトルデザインがカラフルでごちゃついた印象。
ボトル自体は白いので、ラベルをはがせばいいかなーと思ったものの
特殊なプリント加工で、なかなかはがせません。
新しいディスペンサーを買って詰め替えようかと探すも、
容器に数千円とか、庶民の私には出せません。
100均で探して使ってみたものの、泡の出がとても悪くて…。
やっぱり本家のボトルをどうにかできないかとなり、
一生懸命、試行錯誤しながらラベルを落としました。
白くなったところで、うちに余っていたシールを貼ってみたら
なんとなく、イイカンジになってくれました♪
これで、ボトルを探し求める旅からも無事解放。一件落着です。

ちなみに、実は名古屋モデルハウスでもやってみました!
(ラベルは手作りしましたが、もう少し頑張りましょうレベル…)

水野

『日傘デビュー』

夏の日差しに耐えきれず
今年から日傘デビューしました。

日傘一本でこんなにも
涼しいのかと驚きです。

今はおしゃれなデザインも増えていて
洋服に合わせて日傘も変えたい。
もう一本追加で買おうか悩みます。

もう日傘なしで太陽の下を
歩くことはできません。
残りの夏も大活躍してくれそうです。

桝田 

『野の植物の彩り』

冷たい飲み物を多く飲む機会が増えて、
まだ寒い時期に一目惚れをして購入した
コースターが活躍する季節になりました。

購入したのは「押し花コースター」です。
名前の通り、本物の植物をアクリル樹脂に
プリントした、標本のようなデザインです。
華やかなわけではない野の植物が
選ばれているところが気に入っています。

普段はお茶を飲むのにコースターを使う
様な丁寧なことはしていないのですが
お気に入りのものが出来るとついつい
使いたくなってしまいますね。

中村

『解体工事』

「雨楽な家」名古屋モデルハウスの隣地を分譲地販売するため
高さ10メートルを超す大型看板を解体しました。
驚いたのは基礎コンクリートの大きさです。
丸一日かけて地中から掘り出し削岩機で細かく砕き
鉄筋とコンクリートに分別しました。
「雨楽な家」を建築する事ばかり考えていますが
建築物を解体することも非常に難しいと実感
解体職人の技に感心させられました。

鈴木