『“リノベうらく”現場レポート その2』

【銘木を選ぶ】

「リノベうらく」松平のリビングは中庭と広縁に面する
日当たり、風通し抜群のスペースです。
床座でくつろぐ空間にしようと思い
座卓のための一枚板を選びに行きました。
分厚い板が並ぶ倉庫は、木の香りが溢れています。
秋田の買付けから戻ってこられたばかりの担当者が
大きな板をフォークリフトで持ち上げて
次々に並べてくださいました。
サイズ、木目、色合などを吟味して
イメージ通りの杉の板を選ぶことができました。
2.3mの長くて厚い 杉の一枚板。
これからリックのスタッフで表面を仕上げ
オイルを塗り込み完成させます。
既製品とはまた別の、愛着の湧く家具になりそうです。

坂井